http://www.kaikaku-ryokushin.com       

 > トップ    > 過去のトピックス > 議会改革に関する提言の申し入れ

 

 

 新たな県議会のスタートに当たり、わが会派は、これまでの全国トップレベルとなっている「議会改革」をさらに推進するため、正副議長に対し、「当面する議会改革に関する提言」の申し入れを行いました。議長から、「提案を受け止め、具体化していきたい」旨回答がありました。

提言の詳細は以下のとおりです。

 


 

長野県議会議長
   服部 宏昭 様     

2007年5月9日
長野県議会  改革・緑新
代  表   倉田 竜彦
     
     
   
当面する議会改革に関する提言の申し入れ
     
     
 新たな県議会のスタートに当たり、議長及び副議長の就任をお喜び申し上げますとともに、県民生活の向上と県民に信頼される議会改革のため全力で奮闘されることをご期待申し上げます。
 さて、この間続いた激動の長野県政の教訓を生かし、長野県議会をさらに全国に誇れる議会として発展させ、県民の皆様に信頼される県議会に発展させることが今期の課題であると思います。
 そのため、私達会派は当面行うべき課題として次の事項を提案致しますので、具体化に向けた取り組みをお願い申し上げます。
      
         
        
    
1、 県民との対話を何よりも重視し、議会が県民の皆さんと県政の方高等について意見交換する「こんにちは県議会」を充実するとともに、県政課題の課題別の県民の皆さんとの「制作懇談会(仮称)」を行うこと。
      
2、 深刻な社会問題となっている少子・高齢化対策や地球温暖化対策、本県の当面する課題である産業の活性化と雇用の創出、観光の活性化、公共交通への対応等々、本県全体の今後の進むべき方向について、全議員が認識をさらに深め、県政に対して今後の方向を提案し具体化を図るため、各種「特別委員会」を設置すること。
   
3、

現在県が策定作業を進めている「中期総合計画」が真に県民の民意を反映し、県民生活の「満足度」が高まる計画となるよう、県議会が制定した「基本計画の議決等に関する条例」により設置された「中期総合計画研究会」の役割を明確にし、議員個々の意見や県民の意見が反映されるよう対応を行うこと。
具体的には、計画策定に当たって議会としても県民要望を聴取するとともに、各議員の意見を公開の場で聴取する機会を設けること。

   
4、 先の県議選で様々な議員提案条例制定の公約が行われています。こうした議員提案条例制定の動きを活性化させるため、一致できる課題についての各会派代表による「条例研究会」の設置など、ルール化を図ること。
   
5、 県民と議会の関係や執行部との関係、議員の責務等を明確にし、県政を県民の皆さんに身近にする「議会基本条例」制定の意向を幾つかの会派が表明しています。
そのため、早急に条例制定の研究を行う「研究会(仮称)」の設置を行うこと。
   
6、 本会議の効率的な運営を図るため、対面方式の検討を再度行うこと。
         
         
     
以 上
       

 


 

長野県議会議長
   服部 宏昭 様     

2007年5月31日
   
長野県議会  改革・緑新
代  表   倉田 竜彦
  
  
      
議会改革案の追加提出について
 
 
 議長より5月14日付けで、「既に申し入れていただいた会派もございますが、議会改革の取り組みに関するご提案がありましたら、6月1日までに事務局総務課へ提出いただきますようお願いします」という要請がありました件について、改革・緑新として下記により、追加の提案を提出致しますので、よろしくお願い致します。
 なお、別紙添付致しますが改革・緑新としては5月9日に「当面する議会改革に関する提言の申し入れ」として、6項目の提案を行っておりまので、今回の提案はその項目への追加提案であることをもうしそえます。
        
        
追加提案
本会議・委員会に関すること。
委員会のインターネットによる中継の実施。 (既に全国14議会で実施)
   
情報公開・議会広報・県民意見の把握に関すること。
政務調査費について、さらに透明度を高めるため、絶えず政務調査費マニュアルを見直すこと。
   
   
以上
       
       

 

 

 

 

 

             基本理念議員紹介議会だより活動報告改革・緑新日記県民の声リンクお問い合わせ

copyright (c) Kaikaku-Ryokushin 2007 All Rights Reserved.