http://www.kaikaku-ryokushin.com       

 > トップ    > 11月定例県議会が開会しました

 

 

 11月25日(木)、11月定例会が12月10日までの日程で開会しました。 阿部守一知事は提案説明で、村井仁前知事が策定した県中期総合計画を1年前倒しして見直し、新たな総合5カ年計画の策定に着手する考えを示すとともに、活力ある長野県経済の確立を目指して官民一体で議論する「信州経済戦略会議」の設置と、「信州型事業仕分け」を来年1月に先行実施するための補正予算を計上したこと、知事部局に来年度、子どもや若者に関する施策の総合的な推進と教育委員会との連携・調整を図る組織を設置すること等を表明しました。

 今議会に提案された議案は、経済対策を中心とした総額158億5400万円の本年度一般会計補正予算案や、県人事委員会勧告に沿って県職員の月給を平均0・16%減額する条例改正案など23議案です。

 この内、県人事委員会勧告に伴う職員の給与改正案については、12月1日が支給の基準日となることから、この開会日に質疑と委員会審議、採決が行われ議案は可決されました。

 なお、私達会派では竹内幹事長が、この関連議案に関し会派を代表し10分間の持ち時間で質疑を行いました。
 11月30日(火)からは一般質問が行われますが、私達会派からは下記の議員が一般質問を行います。

 12月1日(水)
      甕  裕一議員 (持ち時間15分)
      小島 康晴議員 (持ち時間15分)
     2日(木)
      倉野 立人議員 (持ち時間15分)
      吉川 彰一議員 (持ち時間15分)
      竹内 久幸議員 (持ち時間17分)
     3日(金)
      下沢順一郎議員 (持ち時間15分)

 


 

 

             基本理念議員紹介議会だより活動報告改革・緑新日記県民の声リンクお問い合わせ

copyright (c) Kaikaku-Ryokushin 2007 All Rights Reserved.