http://www.kaikaku-ryokushin.com       

 > トップ    > 議会だより  9月定例会[寺島議員]

 

 

■寺島義幸
   
    

警察組織の再編に当たり、県警本部では、長野県警察組織のあり方を考える懇話会の意見書を基本指針として検討がなされ、本年5月12日に長野県警察の組織再編整備計画案が公表され、パブリックコメントがなされ、関係地域住民の方々に説明会がなされ、そして県民の意見を聞いて、なおかつ関係市町村の要望等も踏まえて検討がなされて、9月11日に修正が加えられた今回の成案が公表されたわけであります。
 大きな変化は先ほどの答弁のとおりでありまして、各庁舎に9人体制、警察官7人でありますが、大型警部交番を設置をする、さらにまた川西庁舎に、望月警察署ということですが、6人の交通機動隊を設置をするなどでありました。
 そこで、過日、長野県の警察のトップである本部長が交代したことでもありますので、改めて長野県警察本部長にお伺いをしてまいります。

 初めに、6月議会における私の質問に対し、前の警察本部長は、再編により新たな上田警察署及び佐久警察署は大規模警察署となり、現在の丸子、望月及び南佐久警察署の管内については、再編後は、各種警察活動を行うのに現在の数倍の警察官を投入することが可能となり、警察力は強化されるとおっしゃり、また、丸子、望月及び南佐久の各警察署の交番、駐在所はそのままの配置とした上で、各分庁舎には、大型交番のほか、自動車警ら班や警察本部執行隊を配置して相当数の警察官を置く、こうしたことによってパトロールや初動警察活動の強化につながる、以上により、丸子、望月及び南佐久の住民の方々には従来よりも安全、安心を感じていただけると考えていると答弁されました。
 事案が発生したとき、初動活動はパトロールや身近にいる警察官が行うとしても、専門事案処理あるいはまた捜査ということになりますと本署から出かけていかなければならないということでありまして、今までより時間はかかるわけであります。地域の警察力はそれだけ低下するのではないかと懸念されるわけでありますが、どのように対処して地域の警察力を充実をしていかれるのか。具体的にお伺いをしてまいります。

 次に、今回の組織再編計画では、地域部門の機能の強化のため警察本部に地域部を設置する、地域部に自動車警ら隊を置き、警察署の活動を支援するとあります。この警察本部に設置する地域部は、どのような目的で、どのような内容の部として活動していかれるのか。まず具体的にお伺いをいたします。

      

◎警察本部長
 (小林弘裕)

 

まず、警察署が遠くなることによって地域の警察力が低下するのではないかとの御懸念についてお答えいたします。
 事件・事故発生時においては、警察官ができるだけ早く現場に到着し、初動捜査、被害拡大防止などの初動警察活動を行うことが重要であります。本年6月議会にて前本部長が御説明したとおり、このたびの計画では対象となる地域の交番、駐在所を従来どおりとしつつ、警察署庁舎には大型の警部交番を配置することとしております。また、各庁舎内には機動捜査隊、自動車警ら隊、さらには交通機動隊を配置し、東信地域における初動捜査活動や交通指導取り締まりの活動を強化することとしております。
 こうした初動警察活動の強化に加え、警察署の大型化により例えば夜間、休日の当直体制が強化され、大量の捜査員の投入が可能となるなど、専門捜査分野において警察力が十分に確保されるものと考えております。
 また、再編によってパトカーによるパトロールが強化されますが、こうした強化に加え、現在進行中の通信指令機能の高度化とが相まって、事案発生の際、現場に最も近いパトカーを瞬時に現場急行させることが可能となるなど、これまで以上に事案発生時の対応が充実するものと考えております。

 次に、地域部の設置の目的とその業務内容についてお答えいたします。
 新たに設置を予定している地域部は、110番に対応する通信指令等の初動警察活動と地域の安全、安心に直結する活動を行う地域警察の充実強化を図ることを目的に設置するものであります。
 具体的には、案件の多様化、スピード化が進む中、警察署、交番、駐在所、自動車警ら隊、航空隊など多様な警察力の連携強化及び警察署の人員の約4割を占める交番、駐在所の地域警察官の活動基盤の強化のため地域部を設置し、諸施策を推進するとともに、警察署の活動を支援するため広域にわたるパトロールを行う自動車警ら隊等の本部直轄部隊を効果的に運用することとしております。
 以上でございます。
      

      

■寺島義幸

再編によりまして、確かに広域パトロールですとか初動活動の強化にはつながると思います。しかし、一方で、長野県の警察官の人員には変わりはないわけでありまして、県警本部の組織が拡大すれば頭でっかちの組織になるということで、出先の組織は薄らいでくるのかなというふうに思うわけであります。
 かつて、地域に密着した、地域に親しまれる警察づくりが大切であり、地域に密着した親しまれる警察が住民にとって安心感を持っていただくことにつながると言われてきました。つまり、身近なところに警察署があるということが住民皆さんに安心感を与えてきたのです。したがって、今回統合される各警察署のある住民の皆さんからすれば、不安を感じざるを得ないのかもしれません。
 パトロール活動や機動力は充実するかもしれません。しかし、こうした住民の皆さんがいつでも気軽に相談できる地域に密着した警察を今後とも維持するためには、警察の組織再編後、どのように対応していかれるのか。お伺いをいたします。

      

◎警察本部長
 (小林弘裕)

再編後、地域に密着した警察活動をどのように行っていくかとのお尋ねに対しお答えいたします。
 再編後、各庁舎には大型の警部交番を設置するとともに、警察官に加え、交番相談員を配置して地域の方々からのさまざまな相談に対応することとしております。また、再編により警察署が大規模になることから、駐在所においても、勤務員の捜査等への転用勤務が抑制され、地域住民の要望の把握、防犯指導、パトロールなどの地域に密着した警察活動が充実し、地域の方々の身近な不安により適切に対応することが可能になるものと考えております。
 また、各庁舎における防犯協会、交通安全協会などの地域の関連団体とは従来どおり連携して犯罪や交通事故防止に取り組んでいくこととしており、密接な連携が図られるよう配慮してまいります。さらに、再編整備後におきましても、住民の意見を伺いながら、地域に密着した警察活動を進めてまいりたいと考えております。
 以上でございます。

           

■寺島義幸

次に、立科町議会は、5月12日に公表された再編整備計画案では十分な納得ができないとして、県議会に対し、望月警察署の存続と警察力の充実を求める請願が提出されました。
 私も、5月12日に公表された再編整備計画案ではいささか疑問でありましたので、請願の紹介議員になり、6月県議会において8項目の質問を県警本部にいたしました。その後、立科町町長を先頭に、区長会、部落長会、消防団、交通安全協会や防犯組合等の代表の方々が警察本部に対し要望活動を行いました。
 立科町の警察本部への要望活動や警察本部との意見交換との過程で、さらなる地域の警察力の充実を求める必要があるとした立科町の小宮山町長は、望月分庁舎に本部執行隊設置を含む警察力のさらなる充実を求める請願を提出することになりました。
 私は、6月県議会における私の質問に対する警察本部長の答弁、すなわち各分庁舎に配置される人員は、現在の警察署における管理部門を除いた実働警察官数とほぼ同程度になると考えているという答弁や、小宮山町長を先頭に行われた要望活動での意見交換での経緯などを勘案し、警察本部では現在の地域の警察力を低下させない方向で検討がなされているであろうと期待できると判断し、小宮山町長提出の請願の紹介議員になり、望月分庁舎に本部執行隊設置を含む地域の警察力の充実を求める請願の提出を紹介議員として県議会に行い、同時に、長野県警察本部長と知事に要望をしたところであります。そして、9月11日に今回の成案が公表されたわけであります。

 今回公表された再編整備計画案は、6月県議会での私の質問に対する警察本部長の答弁に近いものであり、さらに立科町町長を先頭に行われた要望が大方盛り込まれたものであり、一定の評価ができると思います。夜間のパトロールの強化や白樺高原における臨時警備派出所が設置しやすくなることなど、地域の皆さんは期待しています。

 一方、地域に親しまれる、地域に密着した警察活動ということについては、駐在所等は5時で閉まってしまうというようなこともあるわけでありまして、若干の課題があるのではないかと指摘をしておきたいと思います。
 6月県議会において知事にもお伺いをいたしました。今回公表された警察組織再編整備計画案を実現するためには、最小限度とはいえ知事部局の予算措置が必要になると思います。ですから、県警本部では予算措置の必要な再編整備計画案においては明確な表現ができずにいるのではないかと思われるわけであります。
 そこで、大変くどいようで恐縮でございまするけれども、今回の警察組織の再編計画案に対する知事の所見と決意をお伺いいたします。

      

◎知事
 (村井仁) 

警察の組織再編整備計画案につきましての私の所見、そして決意をというお尋ねでございます。
 さきの6月定例会におきまして寺島議員の御質問にもお答えしたところでありますけれども、今回の警察組織の再編は、将来を見据え、限られた人員や体制を最大限に活用して、社会情勢や治安情勢に的確に対応した警察力の維持、強化を図っていくために必要な見直しである、このような認識を持っております。
 また、警察活動の遂行には地域住民との協力や連携が不可欠でありまして、再編計画案の策定に当たりましても、パブリックコメントや住民説明会などを通じ、広くさまざまな御意見や御要望をお伺いしながら検討を進めてきたものであります。
 こうした見直しでございますから、これにかかる経費につきましては、見直しの趣旨に沿って必要性や内容を十分吟味はいたしますが、組織再編整備が円滑に実施されるよう適時適切に措置をすることをお約束をいたします。

       

■寺島義幸 改めて知事からも答弁をいただきました。
 先日のことなんですが、私の友人がお店を経営しているんですが、そこで強盗・傷害事件が発生をしました。びっくりしたんですけれども、社長夫人が通報をしたわけでありますが、数分のうちに、パトカー、覆面パトカーも来たそうでありますが、警察官十数人が駆けつけてくれたそうであります。初動の店員の皆さんの御協力もあってのことでありましょうけれども、無事速やかに解決をしたと、こういうことがありました。そのときに、私の友人が、今の警察というのはすごいねと、こういうことを言っておられたわけであります。
 地域に住む人々が安全で安心して生活ができるためには、機動力のある強い警察、そして地域に密着をした優しい警察、この二つが相まって両立をしなければならないと考えます。県民に信頼される長野県警察組織となることを切望いたしまして、質問を終わります。

 

 

             基本理念議員紹介議会だより活動報告改革・緑新日記県民の声リンクお問い合わせ

copyright (c) Kaikaku-Ryokushin 2007 All Rights Reserved.